【紫外線豆知識】曇りの日のほうが紫外線多くて日焼けするは間違い!

ライフスタイル+
スポンサーリンク
I J
曇りの日のほうが紫外線多くて日焼けするってよく聞くけど本当!?いや、ちょっと違うんです・・・
  • 曇りの日の日焼け・紫外線対策は?
  • 曇りの日、日焼け止めは塗るべき?

曇りの日の紫外線問題について、解説&シェアしていきますっ!!

 

【答え:曇りの日の紫外線は晴れの日より多くはない、だけど・・・】

これ、フツーに晴れの日の方が紫外線量は多いんです!

紫外線量を晴れの日を100とすると

  • 曇りの日:50パーセント
  • 薄曇り:70〜80パーセント
  • 雨の日:30パーセント
I J
紫外線量は曇りの日だと半減しているんです!

 

【答え②:曇りの日でも、また雨の日でも、紫外線はなくなってないってこと】

よく言われる「曇りの日の方が紫外線が多い説」。

本当の意味としては、曇りの日(雨の日)、太陽が出ていなくても紫外線は降り注いでいるから、日焼け止めは塗った方がいいんですよっていう意味なんです!!

だから、気を抜いて曇りの日でも気を抜かず、紫外線対策をしましょうっ!

 

曇りの日でも大事!紫外線対策、日焼け止め選びの基準を知っておこう

紫外線美女

日焼け止め選びの際の基準となる、SPFとPAの指数についてをまとめます。

【日焼け止めのSPF値とPA値について】

  1. SPFとは短時間で肌に赤みや炎症を起こさせて肌を黒くしてしまうUVB(紫外線B波)を防ぐ指数。数値が高いと長い時間防止できる。SPF50とかが強いやつです!ちょっと肌が弱いっていう人はSPF20くらいでこまめに塗りなおすなどが肌に優しくてオススメです。
  2. PAとは長い時間かけて肌に蓄積されてシミの原因になったり、肌の弾力を奪うことになるUVA(紫外線A波)を防ぐ指数。PA ++みたいに「+」のマークが4段階で表記されています。こちらも肌が弱い人は「+」が1か2くらいにしておくと肌に優しいです。
I J
SPF1で約20分効果が期待できると言われています。同時にUVカット効果も強くなるんですが、SPF50まで行かなくても肌の負担を考えるとSPF20で4、5時間で塗りなおす方が肌にいい!豆知識です!

 

曇りの日でも紫外線を浴びたら、アフターケア!保湿スキンケアの豆知識!

紫外線ビーチ

夏だけじゃなく、一年中降り注ぐ紫外線。

もちろん曇りの日でも、紫外線は降り注いでいます。

紫外線を浴びたら、美肌をキープするためには、アフターケアは絶対大事ですっ!

 

【アフターケアの基本は化粧水選び!”美白”という表記のある化粧水を選ぼう!】

シミ・くすみは日焼け後3日間のケアが大事になります。特に大事なのは保湿!

洗顔後、化粧水、乳液などちゃんと”日焼け後用”使っていますか?

 

【豆知識】

メラニン対策・シミくすみ対策には”美白”や”美白成分”という表記のある化粧水を選ぶと、紫外線のアフターケアとなる成分が入っているのでオススメです!

こちらの記事でも詳しく書いています!【日焼け・紫外線対策】化粧水は●●という表記をあるものを使うと効果的!

 

【スキンケア記事のオススメはこちら!】

【オススメ記事】【男のスキンケア講座】洗顔、化粧水、乳液の選び方始め方、一から教えます!

【オススメ記事】ニキビができた時、日焼け止めを塗っていい?の答えをシェア!

【オススメ記事】【超重要】日焼け後のシミ・クスミの対処法、3日間がすべてだった!

 

【ダイエット記事のオススメはこちら!】

【オススメ記事】初心者OK!ホットヨガジムの選び方!効果は?【LAVA】【カルド】【ライザップ】

【オススメ記事】1キロ痩せるのに必要なカロリーは?ダイエットは1日●●だけ我慢すれば痩せる!

【オススメ記事】【ホットヨガダイエットLAVAの体験レッスン行ってみた】失敗談や休日朝イチヨガが気持ちよかった話!

【オススメダイエットアイテム】【体験談】加圧シャツメーカーのオススメや比較レビュー【ダイエット】

【オススメ関連サイト】毎日飲むものだから水にこだわりを。話題の「温泉水99」とは?

スポンサーリンク