バターはダイエット効果的!?【話題】バターコーヒーダイエットの方法をシェア!

ダイエットと筋肉
スポンサーリンク
I J
バターってダイエット中食べても大丈夫だった説!
  • バターは脂肪のかたまりのイメージがあるけどダイエットに効果的なの?
  • バターって太らないの?
  • バターは脂質が高いけど糖質が低いから太らない理由は?
  • バターダイエットで話題のバターコーヒーダイエットの効果の理由や方法は?

などなど、バターって太りそう!って思ったけど、実は太りにくい食材って聞いたこともある…って人も多いんじゃないでしょうか?

今回は、バターとダイエットの効果や理由、さらに話題になっているバターコーヒーダイエットの効果・方法を解説&シェアしていきますっ!!!

 

【バターでのダイエット効果は?】

バターは脂質が高いので、もちろん食べ過ぎはよくないですが、普通に食べる分にはダイエットを妨げるものではなく、さらにバターを食べることでダイエット的なメリットが得られる、、、

  1. バターは脂質は高いけど、糖質が少ないので、太りにくい。(脂肪蓄積の原因はほぼ糖質です)
  2. バターはコレステロールや中性脂肪を排出する効果が期待できます。その効果をうまく利用することがポイントです。

 

【食パンとクロワッサンの例から見るバターの利点、糖質は太る脂質は太る原因じゃないって話】

TBS系「金スマ」でも放送された、牧田善二先生の著書「医者が教える正しい食べ方」が食パンとクロワッサンでは、バターが多く含まれるクロワッサンの方が太りにくいと解説!

  • 食パンは炭水化物が多く、血糖値が上がる原因となります。血糖値が上がるとインスリンが分泌され、脂肪蓄積の原因となる。(逆に脂質が高くても身体から流れるから脂肪になりにくい)
  • クロワッサンにはバターが多く、胃や腸をコーティングしてくれ、糖質が少ないだけでなく、糖質を吸収されにくくしてくれる。
  • バター100gに「くるみ1個分」の糖質しか含まれておらず、「バターは太りにくい食材」と先生はお話されています。

「医者が教える食事術」 <著者>牧田 善二

この本、ダイエットはカロリー制限ではなく糖質(炭水化物)制限が正解。脂質ではなく糖質を控えれば痩せるという、これまでの(特にカロリーダイエット)が間違っていることを指摘している面白い先生の本です。

 

【バターダイエットの効果まとめ】

バターダイエット

バターはダイエットをサポートしてくれる効果とは?マーガリンは酸化しやすく悪玉コレステロールの不安もありますが、バターは身体に良いといわれている”オリーブオイルや魚の油”などと同じような役割が期待できます!

1. 美肌効果

  • ダイエットで不足しがちなビタミンAやDを多く含んでいる。
  • 抗酸化作用が高くアンチエイジングに!
  • シミやシワを予防してくれる効果が期待できる。

2. むくみ解消

  • 余計な塩分を排出するカリウムを多く含んでいる。
  • むくみ解消に効果的です。
  • ただし商品によって塩分が多い場合もあるので、無塩バターを選ぶとむくみ予防としてもあり!

3. 腸内環境改善

  • 乳酸菌によって腸内環境が整う効果が期待できる。
  • 便秘解消に◎

4.アンチエイジング効果

  • バターには活性酸素の働きを抑制する効果が期待できる。
  • 活性酸素は老化の原因、アンチエイジング、美容に◎

5. 脂肪燃焼

  • バターには中性脂肪を燃焼する効果があると言われています。
  • ポイントは、、、空腹時に摂取するとその効果が高くなるので、食事間隔の開く朝ごはんにオススメ!

 

オススメは「グラスフェッドバター」

  • 原材料として使われる乳を出す牛は「牧草だけで育てられる」
  • 安全で栄養が豊富に含まれた上質なバター
I J
さらにバターって消化が早いのですぐエネルギーになるし、糖質のように身体に蓄積されないのが嬉しい

 

同様に、オリーブオイルやえごまのような油もオススメです。どちらも良質な脂質!

  • ホルモンや細胞の材料となる「脂質」は積極的に摂りたい栄養素の1つです!

 

【リンク】【公式】日清オイリオオンラインショップ【安心できるオリーブオイルを選ぼう】

 

【話題】バターコーヒーダイエット!バターとカフェインでWダイエット効果!

バターのダイエット効果として中性脂肪やコレステロール排出の効果が期待できる、これをさらに高めるダイエット方法として、コーヒーにバターを入れて飲むダイエット方法が人気!

 

【コーヒーのダイエット効果】

  • 『カフェイン』は「交感神経」を活性化させる。
  • 活発になる事で「基礎代謝が上げること」に繋がる!
  • コーヒーに含まれるポリフェノールは、糖質の吸収を緩やかにする。
  • 体内に蓄積された脂肪・脂肪の原料の燃焼を促す作用。

といった、脂肪を蓄積して太るっていうのを防止する効果が期待できる!さらにコーヒーは食欲を抑えてくれたりするのでオススメ。

I J
コーヒーとバターを合わせればW効果やー!

 

【バターコーヒーダイエットの方法(作り方)】

  1.  コーヒーにバター10グラムを入れるだけ。
  2. バターコーヒーダイエットの飲むタイミングとしては朝に飲むのがオススメ。理由は、空腹時の方が脂肪燃焼効果が高くなるから。カロリーも200kcalほど得られるので昼食までの活動エネルギーとしてすぐ消費できる。朝の生産性アップにも繋がりますね!

 

まとめ

バターダイエット

バターは意外と太りにくい。理由は、、、

  1. バターは脂質は高いけど、糖質が少ないので、太りにくい。(脂肪蓄積の原因はほぼ糖質です)
  2. バターはコレステロールや中性脂肪を排出する効果が期待できます。その効果をうまく利用することがポイントです。
  3. さらにダイエット効果が高いコーヒーに10グラム入れて飲むことで、脂肪燃焼、排出、食欲抑制など嬉しいダイエットの相乗効果がたくさん!ぜひ試してみてください。(もちろん食べれば食べるほど痩せるわけじゃないので食べ過ぎず、適度に摂取しましょう)

 

【オススメ記事】

【乾燥・敏感肌・シミくすみ・シワ・ニキビ】スキンケアアイテムの選び方【迷ったらコレ!】

ニキビの治し方③箇条!ニキビ薬の選び方!オススメスキンケア薬【迷ったらコレ!】

温泉水ってどんな効果がある?効果的な飲み方豆知識も紹介!【ダイエット・美肌・健康】

【男のスキンケア講座】洗顔、化粧水、乳液の選び方始め方、一から教えます!

スポンサーリンク

人気コンテンツはこちら!