残念!東京のケータイ料金が世界一高いことが総務省の調査で判明!

ライフスタイル+
スポンサーリンク

どうも格安スマホ大好きIJです。

18年9月19日の新聞各社報道で、日本のスマホ料金がやっぱり高いことが証明されましたね!

総務省は19日、携帯電話の通信サービス料金に関する国際比較(2017年度)を発表した。調査したニューヨークやロンドンなど世界6都市の中で、東京が月額7562円と最も高かった。最も安いパリ(1783円)と比べると4・2倍に達した。

(読売新聞)

先日、総務省が一般的な5ギガバイトのプランでの、世界主要都市での携帯料金の比較を発表しました。

  • 東京 7562円
  • ニューヨーク 5990円
  • ロンドン 2444円
  • パリ 1783円
  • ソウル 4445円
  • デュッセルドルフ 3786円

最近、格安スマホの参入が活発になってきて、そろそろ多くの人たちが

あれ?スマホ料金高すぎない?

っていう真実に気づき始めています。

しかし、格安ケータイへ移行している人はまだ少数派という現実。

ちなみに、私は2年前にソフトバンクからLINEモバイルに変えました。

アップルストアで一番安いiPhoneSEを買って、それにLINEモバイルの格安SIMを購入して挿すだけで、ソフトバンク、au、ドコモのケータイと同じように使えます。2年間で何の問題もなく、普通に使えています。

で、結果、ケータイ代月平均1万円から今では1800円くらい、高い時で2200円くらいです。

2年間で20万円ほど節約に成功しました!

 

【解説】東京のケータイ料金世界一の原因は、格安ケータイ業者が出遅れているから!

スマホ

14年度の世界のケータイ料金価格水準と比べると、東京でも実は、1割程度の値下がりはしているのですが、、、

【世界のケータイ料金の値下がり幅は?】

  • ロンドンとパリ、デュッセルドルフの3都市は約7割。
  • ソウルは約3割。
  • ニューヨークは約6割。

 

 東京の値下がり幅がたった1割、全然安くなってないんですよ!! 

なぜかというと、、、

 海外に比べ、格安スマホの普及が遅れているから。 

つまり、こういう会社です。

などなどです。ちょっとサイト覗いて見てもわかるように、お使いのドコモauソフトバンクの料金と比べてはるかに安い!

だけど、最近よくCMも見かけるようにはなっているものの、、、

今の日本人の格安スマホへの印象
  • 「格安スマホってちゃんと動くの?」
  • 「電波悪いんじゃないの?」
  • 「auとかだと毎月ドーナツ1個とかサーティワン1個とか無料で貰えるよ」

 

いやいやいやいや・・・

格安スマホの真実
  • 「格安スマホ業者はドコモやソフトバンク、auの回線を借りてシステム運営をしているので、大手三社と同じように使えます」
  • 「電波悪いってこともない上に通信料金が安い!」
  • 「ドーナツやアイス2、300円の物を貰えることか、ケータイ料金5000円以上安くなるかどっちがいい?」

 

日本もみんなワイモバイルとかLINEモバイル使ってます!って言う時代がすぐくる!

格安ケータイ

パリ在住の方によるとこんな話がありました。

「数年前に新規ケータイ会社が参入して、そこから一気にケータイ料金が下がった」

 

日本の格安ケータイが出遅れてるという総務省の調査が出ましたが、今、かなり多くCMもやっていて、パリの例もあるように、普及はすぐそこまできていると思います。あとは大手三社に対してのスマホユーザーの意識次第です。

菅官房長官がケータイ大手三社に対して「4割程度の値下げ」を言及していましたが、

官房長官に言われて待ってるだけじゃ、正直遅いと思うのです。

大手三社、ドコモ、au、ソフトバンク以外にサクッと乗り換えてしまえば、実体験で今すぐ4割以上ケータイ代節約できます!

私は、LINEモバイルにしてから2年間で20万円節約できて、スマホでアプリやゲームや動画を見るよりも、ディズニーランド行ったりアーティストのライブに行く”リア充体験”にお金を使ったほうが、面白い人生だと気づきました。

【関連記事】

LINEモバイルでスマホ料金節約!2年使ったら20万円節約できた!

 

LINEモバイルだとツイッターもインスタも通信量がかからないので、5ギガでもかなり使える印象です。

LINEモバイルの料金については公式で詳しく見てみてください!

【関連サイト】

LINEモバイル公式サイト→【LINEモバイル

スポンサーリンク

人気コンテンツはこちら!