葬儀費用のお金がない場合はどうすればいい?【10万円葬儀の方法】

ライフスタイル+
スポンサーリンク

「ネットでちょっと調べてみたら家族だけでひっそりやるなら20万円くらいで葬儀できるんじゃない?」

→それは、できません。

 

どうも、元葬儀屋のIJです。今回は最低限の葬儀費用についてのお話をしていきます。

「家族が亡くなってお葬式をするとき、お金がない人はどうすればいいんだろう?」

「参列客も呼ばなくていいし、家族だけでひっそり送り出したい」

「10万円くらいで、火葬とか密葬ってできないの?」

などなど、近いうちに親族のお葬式の準備を考えているが、お金がない場合どうすればいいかお教えします。

 

そもそも、人生で頻繁に利用する機会のない「葬儀屋」さんに対して情報もなく、実際に利用する人の多くは緊急時かつ閉鎖的であるため、病院などの紹介でそのまま見積もりを出されて決めてしまうというのが、長く続いた葬儀のカタチです。

そして、その平均金額は、一般葬で約200万円です。

しかし、情報化時代、多様化時代なので、値段は少しずつ下がって行くと思います。

それでも高い!高いんですよね、、、

 じゃあ、一番安い方法は何か?それが、10万円〜20万円くらいでできる、火葬のみの「直葬」です。 

 

お葬式のお金がない!どうすればいい?→火葬のみの「直葬」にする。

お葬式お金がない

お金がない、10万円くらいで、なんとか火葬とかできないか?というお悩みを持っている人は多いんですが、それは地域によって相場は異なりますが、10万円〜20万円で火葬のみ(葬儀なし)の直葬という方法なら可能です。

 

病院の紹介に気をつけましょう。

ご親族が亡くなって、病院が最初に聞くことは「ご遺体をどこに搬送するか?」「葬儀屋は決まっているか?」ということです。

なぜなら、病院は生きている人がいる治療を受ける場所であって、死後、ご遺体を安置しておく場所ではないからです。とにかくなるはやで、ご遺体を出したいのです。

その際、病院と接待などで繋がっている葬儀屋を紹介されますが、全部が全部良心的じゃない上、見積もりまで出されたら断りづらいということなるので、まずは、自分で下調べした葬儀屋さんか葬儀屋さんの仲介会社に連絡しましょう。

※仲介会社だと直接葬儀屋さんと話すわけではないので、葬儀の相談がしやすいし、搬送、安置までやってくれます。

 

 葬儀の仲介をしてくれるところはコチラ 

創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」

 

【「直葬」の費用と流れ】

  • 病院→遺体安置場所(自宅など)→火葬場
  • ご遺体の安置期間、火葬場によって値段は変わりますが、10万円〜20万円。

いわゆるお葬式というカタチはせず、そのままご親族だけで送り出して火葬するのが直葬という方法です。

 

家族葬って20万くらいじゃないの?

家族葬はよくネットで2、30万円前後と書いてありますが、それはシンプルに葬儀だけの話です。

携帯でいうと本体代だけで、通信量やオプションは抜いてある金額です。

だから、結局、お葬式当日にお寺さんへのお礼、戒名代でプラス30〜60万円以上。

お葬式のオプションでお弁当とかマイクロバスとかで10万円、20万円と、お金がかさみます。

結果家族葬で10人くらい親族呼んだら100万円近くなることは普通だと思ってください。

それでも、兄弟でお金を出し合うとかすれば、例えば3人兄弟なら一人30万円くらいの負担になります。

 ちなみにほとんどが、当日現金払いです。 

 

【注意:家族葬だから香典がない】

家族葬は香典がないので、結果100万円近く使っても、入ってくるお金がないので、場合によっては200万円の一般葬で参列客から香典をもらえば、結果的にメリットとして家族葬と金額負担はあまり変わらないという場合もあります。

デメリットは、参列客が多いので精神的に負担が増える場合もあるということです。

 

お金がなくてもできる「直葬」のメリットとデメリットは?

直葬のメリットデメリット学ぶ

お金がない人はどうしたらいいんだ、という人への解決策としてお葬式の方法、「直葬」。その予算は10万円〜20万円くらいです。メリットとデメリットはどういうところなのでしょうか?

「直葬」のメリット

  • 一番は費用が安いこと。
  • お葬”式”という式をしないので、葬儀のスケジュールや参列者への挨拶や遠い親戚など気を使うことが格段に減らすことができるので精神的負担がありません。
  • その分、亡くなった方のことだけを考えることができます。

 

「直葬」のデメリット

  • まだまだ葬儀のカタチにこだわる世代も多いので、親族への理解が必要。
  • 宗教的な儀式を省いた葬儀なので、お寺のお墓へ納骨できない可能性があるので、事前にお寺へ相談が必要。
  • しかし今では、お墓を守っていくことが大変で、高額であるため、宗教にこだわりの少ない日本人という特性もあり、海洋散骨など自然葬も増えてきています。
  • 葬儀屋の対応に注意が必要。直葬にされると葬儀屋としては儲からないので、対応がいい葬儀屋さん、変に追加料金がかかるようなことを言ってこない葬儀屋さん選びが必要。

 

「直葬」にしたいときも葬儀屋選びが重要。

葬儀屋選びウサギ

自分で直接葬儀屋選びをするには、見積もり、比較と手間がかかるので、最近では葬儀屋仲介会社というのがあるので利用してみましょう。

直葬または、家族葬という小さな葬儀をしたいことを伝えると、丁寧に対応してくれます。

葬儀屋へ直接話すわけではないから、気持ちも楽です。

部屋探しに大家さんに注文つけたり、家賃のことをお願いするより、ホームズとかスーモみたいな不動産屋に相談する方が楽なのと同じです。

葬儀のことって閉鎖的なので、ほとんど葬儀屋と”お付き合い”がある病院が、紹介して、そのまま決めてしまっている人が多いので、少しでも早く、相談しておいたほうがいいです。

まだ死んでないのにと、縁起が悪いと敬遠される人もいますが、少しでも元気なうちに、葬儀のことを考えることは、この世での最後の瞬間をじっくりと考えたものにできる、良い最後、良い送り出しに繋がります。

病院で紹介されて、100万円、200万円する葬儀のことを言われるがまま、数分〜數十分で即決するよりはいいと思いませんか?

 

 【まずは葬儀の無料で相談を】 

創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」

 

お金がない!お葬式どうしようと思ったら、「直葬」という方法も親族と相談してみてください

楽園風景

日本の平均的な一般葬だと約200万円。

家族葬だと、2、30万円と言いつつ、結局100万円くらいになってしまう。

10万円くらいで送り出す方法としては、「直葬」という方法、考え方もあるんだということを紹介しました。

世代によっては仏教の宗教的儀礼としてのお葬式を経ないことが理解できないご親族もいると思うので、一番の注意点はここです。

お葬式をしない代わりに、火葬して一番近い身内だけで送り出した後に、会費制でお別れ会などをするというのも増えてきています。

また、お墓についても、お寺のお墓なのか、アクセスのいいマンションタイプの共同供養なのか、自然葬なのか、時代は変わってきているので、新しい価値観、多様化は進んでいます。

お金がないからどうしようと思って選んだ「直葬」は値段が安いだけで、安い送り出し方という価値観では決してありません。

 まずは、なるべく早く葬儀のプロに、「直葬」についての相談をしてみましょう。 

創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」

スポンサーリンク

人気コンテンツはこちら!